アンダーアーマーコールドギアサーモ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今週また東京で雪ふるらしいですね。そろそろ勘弁して欲しいなぁ(^^;

さて、寒い冬に走るためにウェアをどうしようかっていうのは、みんな共通の悩みのようで検索してみるといろんなブログの記事がひっかかります。

そんななかで、度々目にしたのが「アンダーアーマーコールドギア」という文字。

コールドギアをインナーとして着ると1枚でもかなり暖かいらしいってことだったので、試しに1枚買ってみました。

購入したのは、アンダーアーマーコールドギアサーモコンプレッション。

コールドギア製品のなかで一番寒さに強いタイプです。

生地は「これ、インナーか?」って思えるほど厚い生地です。イメージとしては秋物のジャージぐらいの厚さがある感じです。

着てみると着た瞬間から「あー、こりゃ暖かいわ」って思えるほど暖かい。暖房の効いた室内で着てたら暑すぎでした(^^;

外を走った感じも、普段なら、冬場の自転車普段着は長袖インナー、Raphaジャージ、Raphaジャケットで丁度いいぐらいなんですが、これを長袖インナーをコールドギアに変えてあとは同じウェアで走ったらはっきりいって暑すぎました!

ためしたときの気温は7〜9度ぐらいだったんですが、ジャケットは脱いでRapha長袖ジャージ+コールドギアって状態でちょうといいぐらいでした。

暑すぎて実はあまり使ってない…

かなり暖かくなるインナーのため、使いどころが難しくて実はあまり使ってません(^^;

というのも、うんと冷え込んだときは、パールイズミの0度対応、プレミアムウィンドブレークジャージを使うし、そうでなければ、PISSEIの冬ジャージ(10度前後向き)+インナーでちょうどいいぐらい。

なかなか使いどころがありません(^^;

もしかしたら5度以下でPISSEIの冬ジャージ着たいようなときにはいいのかもなぁと思うのですが、まだ試していません。

今度5度ぐらいの日に試してみよっと。

[Ad]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アンダーアーマーコールドギアサーモ” への1件のコメント

  1. ピンバック: 温度変化の大きいロングライドにアンダーアーマーコールドギアサーモがいいかも | 40代からのロードバイク

コメントを残す