MAVIC C40,CXR60と比較してコスミックカーボンSLRってどうよ

Cosmic Carbon SLR2013年6月現在でも今年はMavicはいろんなホイールを発表してきてますね。

  • ミドルハイトリムのフルカーボンクリンチャーのC40
  •  CXR80よりもリムハイトを下げたCXR60。

コスミックカーボンSLRユーザとしては価格帯もリムハイトも近いこれらのホイールと比較してコスミックカーボンSLRはどうなんだって気になります。

リムハイト

コスミックカーボンSLRのリムハイトは52mm。
C40やCXR60はその名前が示すとおりそれぞれリムハイト40mm, 60mm。

リムハイトが高くなると空力がよくなって高速巡航するときに楽だっていいますよね。
コスミックカーボンSLRの52mmのリムでも時速30km以上の速度維持がローハイトリムのホイールよりも楽だなとは感じます。

でも正直リムハイト52mmのコスミックカーボンSLRは強風の日は怖いです(^^;

都心を走ってるとビルとビルの間で突風にさらされたときに、吹き飛びそうになることもあります。

強風のことを考えるとリムハイト60mmのCXR60は使うシーンが限定されそうです。
それ以上に私の脚じゃ60mmハイトが効果を発揮しそうな高速巡航はできそうにないので使うことはなさそうです。

逆にミドルハイトのC40は気になりますね。

  • リムハイトが40mmまで下がるとどこまで横風にたいして強くなるのか?
  • エアロ効果はどのぐらいあるものなのか?

このあたりを体験してみたい気持ちはありますねぇ。

ただC40で気になるのはブレーキ性能ですかね。

コスミックカーボンSLRはエグザリットリム

レースの落車時に縁石にぶつけたけど、表面塗装が少しはげた程度ですんだエグザリットリム

レースの落車時に縁石にぶつけたけど、表面塗装が少しはげた程度ですんだエグザリットリム。かなり丈夫なようだ

コスミックカーボンSLRはアルミリムに特殊加工をした「エグザリットリム」です。

よくコスミックカーボンSLRのレビューで見かけるとおり雨天時の制動力がとてもいいですね。
ブレーキのかけ始めから停止までカッチリ効いてくれてます。

雨天時に乗ることは少ないんですが、雨に降られたときはブレーキの効きの良さはかなり安心出来る要素になってくれてます。

それに対してC40は「エグザリットリム」採用してないんですよね…

CXR60はエグザリットリム採用のクリンチャーモデルがあるので、C40に何故エグザリットリムモデルがないのか不思議です。
「重量を軽くするためなのかな?」とも思ったんですが、C40ってそれほど軽量でもないんですよねぇ。

重量

コスミックカーボンSLRの重量は1595g。
けっして軽量ではないですが、リムハイト52mmのクリンチャーホイールとしては健闘してると思います。

C40の重量は1545g。コスミックカーボンSLRより50g軽いだけで、思ったより軽量じゃないんですよね。

CXR60はクリンチャー&エグザリットリムのCXR60Cは1800gオーバーの重量級。
チューブラーモデルのCXR60Tは1590gとコスミックカーボンSLRよりちょい軽量。ただチューブラーは普段使いには扱いにくいですよねぇ。

まとめてみると…

CXR60Tはリムハイト60mmもあるのに重量1590gと軽量。だけどチューブラーなので普段使いには辛い。
CXR60Cは1800gオーバーの重量級なんで利用シーン限定されそう。
その前にリムハイト60mmは私の手(脚?)には余る。性能を活かすこともできないし、風に翻弄されるだけになりそう(^^;

C40はリムハイト40mmと扱いやすそうなのは魅力。でもカーボンリムなのでブレーキ面がちょっと不安。

コスミックカーボンSLRは、ちょっと風にあおられることもあるリムハイト52mm。重量も1595gとまぁまぁ軽量。
エグザリットリムで雨天時の制動力も良し。
クリンチャータイヤが使えるので普段履きに使うにも扱いやすい。
トレーニングも、ロングライドもレースも全部コスミックカーボンSLR1本でカバー可能な万能なホイールですね。

うん。やっぱコスミックカーボンSLRはいいホイールですね(って自己満足(^^;)

万能タイプなホイールだけに次に購入するとしたらどんなホイールがいいかって悩みますけどね(^^;

[Ad]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す