ヘルメットテールライトとしてTOPEAKテールルクスを購入

前回ランドヌ東京のローカルルールに対応するためにRapid5を購入したことを書きましたが、もうひとつ別途購入したのがトピークのテールルクスです。

R0011707

こちらもランドヌ東京のローカルルールに対応するために購入しました。

走行距離を問わず、すべてのBRMでヘルメット尾灯装備のこと(点滅可)。

ランドヌ東京ローカルルール | ランドヌ東京 Randonnêurs Tokyo

これまでは夜間だけ装着してた

私が使ってるヘルメットはスペシャライズドのEVADE。このEVADE、エアロ形状なため困ったことにテールライトが付けにくいんですね。

それで以前なにか付けられないかと思ってIPFのX-TAILをつけたことがありました。

S-WORKS Evadeにテールライトをつけてみた

でもランドヌ東京では似たようなテールライトであるファイバーフレアをテールライトとして認めないっていうローカルルールがあるので、ヘルメットテールライトでもダメかもって思いました。

これまでも夜間走行時はGENTOSヘッドウォーズをヘルメットに装着してたので、一応暗いながらもヘルメット尾灯はなくはない…

けど重さを嫌って日中は装着せずに、暗くなる頃に装着するという使い方をしてました。

でも、ランドヌ東京のローカルルールでは”走行距離を問わず、すべてのBRMでヘルメット尾灯装備”となってるので、「夜間だけ付けます」じゃ通らないですよね。

というわけでEVADEの特殊な形状でも取り付けられそうなテールライトを探さないといけません。

ってことでTOPEAKのテールルクスは結構いいんじゃないか?って思えたので購入してみました。

TOPEAKテールルクスの良いところ

電源がボタン電池のCR2032というのは残念なんですが、ヘルメットにつけるような軽量のテールライトだとどうしてもCR2032使用は避けられないところです。

ただ、Tail LuxはCR2032を1つしか使わないところが素晴らしい。

2個必要だと予備を持ち歩くとしたら2個持ち歩くことになりますし、「そろそろ切れそうかな。交換しとくか」って事前交換するにもまだ余力の残ってる電池を2個も用済みにしちゃうことになります。

その点が1つだけなら予備をもつのも1つ、そろそろ交換ってはやめに交換するにしてもムダが少ないです。

それでいて駆動時間も点灯で50時間持ちます。

点灯でスイッチONにしたまま600kmブルベ走りきってもまだ大丈夫ってのはありがたいです。

とくにヘルメットテールライトが装着されるのは頭の後ろ。

ヘルメットを脱がない限り、自分では点灯してるのかバッテリ切れを起こしてるのかわからないので、ゴールまでバッテリが持つという安心感はとっても大事。

EVADEへの取り付け

さて肝心のS-WORKS EVADEへのとりつけですが、サドルバッグ等への取り付けにつかうパーツを使ってEVADEのアジャスタ部分に取り付けました。

後頭部のアジャスタ部分につけてみたが…

後頭部のアジャスタ部分につけてみたが…

これ、取り付けパーツがちょっと頭にあたるんで少し違和感あるんですけどね…

これ以上うまい取り付け方が思いつかない…orz

他にS-WORKS EVADEでブルベ参加されてる方が居ましたら是非ヘルメットテールライトをどうしてるかきいてみたいところです(^^;

[Ads]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す