ボッチ走の多い自転車乗りの自撮りに最適な防水コンデジ

購入したのはずいぶん前でもう新作のTG-870が発売されちゃいましたが、まだ一度も紹介してなかったのでオリンパスの防水コンデジ「TG-860」の紹介を。

IMG_8371

iPhoneやスマホのカメラ性能がどんどんよくなってるのにナゼわざわざコンデジを買うのか?

私も普段の生活ではiPhoneのカメラばっかり使っていてコンデジはTG-860を含めて何も使ってません。TG-860を買おうと思ったのは自転車にのってるときの使い勝手を考えてでした。

自転車乗り的iPhoneのここがイヤ

自転車にのってるときにiPhoneカメラで撮影しようと思うと次の3点が問題になってきます。

  • 雨に弱い
  • 冬場はフルフィンガーグローブ外さないと撮影できない(制電タッチ式だから)
  • 走行中の撮影は絶望的(できなくはないが)

ではひとつずつ。

雨に弱い

iPhoneって防水性皆無なんですよね(2016/07/09現在iPhone6s, iPhoneSE時点では)

ちょっと雨に降られてダメになったりって話はちょいちょい聞きます。

そんな雨に弱いiPhoneをバックポケットにいれて走ってて雨に降られたらって思うと怖いですよね。

で、ジップロックにいれたりして走るわけですが、そうなるとカメラで撮影するときはいちいち取り出すか、そうでなければビニール越しの撮影になることをガマンしてジップロックに入れたままの撮影になります。

このどちらも自分としてはイヤだったんですね。

夏になれば、雨だけでなく、自分の汗や暑さしのぎに水を被ったりすることもあるので、余計に防水性がないというのは使い勝手悪くくて困ります。

冬場はフルフィンガーグローブ外さないと撮影できない(制電タッチ式だから)

IMG_0057これもiPhoneの弱点ですね。最低限カメラを起動するために一度はスワイプする必要があるので、フルフィンガーグローブだとグローブを外さないとカメラが起動できない。

制電タッチに対応したグローブもなくはないですが、あまり反応がいいとは言いがたい。

これも撮影までのステップがふえちゃってイヤなところです。

撮影までのステップが増えれば増えるほど「ま、今は撮らなくていいか」って思ってしまい、撮影機会が減っちゃいます。

走行中の撮影は絶望的(できなくはないが)

iPhone5, 5s, SEならまだホールドしやすいのですが、iPhone6, 6s, 6plus, 6s plus とかはめっちゃホールドしにくいっ!

iPhone6にしてからiPhoneを手からおとす頻度が増えてます(^^;

そんなホールドしにくいiPhoneを走行中に取り出してカメラをスワイプで起動して撮影なんて、難易度高すぎてやろうなんておもいません!

でも走行中の雰囲気を写真におさめたいって気分になることはちょいちょいあるんですよね。

とまぁ、iPhoneだと困るなぁという点が解消されるのでOLYMPUSのTG-860を購入したんですね。

TG-860の良い点1 防水性

PAK160428550I9A3602_TP_VTG-860は防水デジカメなので、水を被っても雨が降っても安心(^^)

夏場の汗で濡れても問題無し。

なのでジャージのバックポケットに無造作につっこんでおけます。

TG-860の良い点2 ハードウェアスイッチ

当たり前と言えば当たり前ですが、電源ボタンもシャッターもハードウェアスイッチです。

冬場にフルフィンガーグローブしてても当然グローブつけたまま操作できます。

TG-860の良い点3 走行中でも操作しやすい

ハードウェアスイッチの恩恵として場所さえ覚えちゃえば、操作するのに目視の必要が全くないってのがいいです。

走行中に撮影するときは当然周囲の安全にも配慮しますが、できるだけ視線は周囲に注意をむけたままにしておきたいものです。

ハードウェアスイッチだとカメラに視線を移すことなく撮影完了することも可能です(映像確認しないでカンで撮影ですけどね)

あわせて、ホールドしやすい本体デザインになってるというのもいいところです。

TG-860の良い点4 自撮りにも向いてます。

TG-860は自撮りにも向いてます。

液晶表示が180度反転してくれるので、映像を確認しながらの自撮りもOK。

IMG_0066

親指で示してるあたりに第2のシャッターボタンがあって自撮り時によく使ってます

レンズが広角なので、片手持ちの自撮りでもかなり広い範囲をきりとってくれます。

iPhone(Androidスマホでもアプリ有り)と連携させるとリモート撮影もOK

TG-860を少し離れた場所において、iPhoneのアプリで写る範囲を確認してリモートでシャッターを切るなんてこともできます。

これ自分みたいにボッチ走が多い人で「自分と自転車が写ってる写真だって撮りたいんだよ!」って人にはありがたい機能だと思います。

リモート撮影用に小さいスタンドつけてます

リモート撮影用に小さいスタンドつけてます

シャッターも工夫されてて、通所のポジションであるカメラ本体上部だけでなく、正面にもシャッターボタンついてて、この前面シャッターボタンは自撮りの時にかなり押しやすくて助かってます。

TG-860の良い点5 GPS内蔵

TG-860はGPSを内蔵してるので、写真に位置情報が残せます。

ってなってるんですが、これだけは使い勝手がちょっと微妙(^^;

本体の電源ONからGPSで位置をキャッチするまでちょっと時間かかるんですね。

なので、さっと取り出してパチッとすぐ撮影すると位置情報が取れないことが多いです。

なので私はGPSトラッキングONで使ってますが、それでも位置情報がうまく拾えてないことがちょくちょくあります。

まとめ ボッチ走の多い方におすすめ

いろいろ書いたけど、一人で走るボッチ走が多い方に特におすすめします。 あ、自撮りする気はないって人は別ですが(^^;

[Ads]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す