AVID ELIXIRのブレーキブリードってのをやってみた。

r0011712以前パッド交換をしたときにディスクブレーキのブレーキフルードを少し抜いてパッドを戻しちゃってから、いつかフルード補充しなきゃなぁって気になってたんですが、週末のセルフディスカバリーアドベンチャーIN王滝(以下SDA王滝)の前にフルード交換やってみました。

細かな手順はYoutubeにあがってる動画見た方がわかりやすいと思うので割愛(^^;

参考にしたのは下記動画です。

この作業やるには専用のツールが必要ってことで事前にAmazonでブリーディングキットとブレーキフルードを購入。

購入したブリーディングキットはこちら。

ブレーキフルードはこちらを購入

ちなみにホイールを外して作業するのでメンテナンススタンドがないとめっちゃ作業しにくくなります。

洗車やメンテ用にミノウラのメンテナンススタンドを購入してたのでこちらにMTB(スペシャライズドのEPIC COMP 29)をセットして作業しました。

で、基本的には最初に貼り付けた動画の手順通りにすすめればOKなんですが、2箇所ほどハマった点があったので、そこだけ記しておきます。

キャリパー側の注入口

キャリパー側に注射器をセットするときに当然注入口のネジを外さなきゃいけないんですが、実は最初勘違いしてました。

p9142084

この写真の「ナット」部分を外すんだと思ってなんとかレンチで回そうとしてたんですが、全然ゆるまなくて「いったいどんな力でしめつけてあるんだよ!」とか思ったんですが、実際にはゆるめるのは、「ナット」でなくて、このナットの中央に埋め込んであるトルクスネジでした(^^;

このトルクスネジを緩めるためのツールも最初に紹介したブリーディングキットにちゃんと入ってました。

いやぁあやうくブレーキキャリパーぶっ壊すところでしたよ(^^;

ブレーキフルードが入らない

次にはまったのが、ブレーキフルードの注入。

どんなに注射器を押し込んでもまったくフルードが入る気配がしない…

動画でみると注入にはそんなに力はいらなそうなので「いったいなんで入らないんだ…」って途方にくれましたよ。

で、ググってみると他にもフルードが注入できなくて困ってた方のブログ記事を発見。

まったく オイルが入りません   なんと私のSRAM AVID  調子が悪いとおもったらライン詰まり しかたなく、 原因をさぐるため、分解  キャリパー レバー リザーブタンク なんと、リザーブタンクないにゴミがそうとう浮遊してました。 どこからはいったのか?

結局レバーのリザーブタンクからのラインが詰まってました。
HOW TO スラム AVID ディスクブレーキ フルード交換 ( 自転車 ) – 中年BMマン FIOLA – Yahoo!ブログ

この記事をみたときは、

って絶望的な気持ちになりましたよ(^^;

もう前輪ブレーキは交換するしかないのかなぁって。

でももしかしたら何か手順を間違えてるだけかもって思い直して、後輪側ブレーキを同じ手順で作業してみました。

そしたら後輪側もまったくブレーキフルードが入っていかない。

ここでやっと、前後のブレーキが同時にいかれるなんてないだろうって思い、他の原因がないか、さらにググってみることに。

そしてやっと原因らしきことが書いてある記事を発見!

 

フルードが入っていかない.

公式のマニュアル(英語)を読んだら,

レバーの位置が遠すぎると,フルードが流れないらしい.
初ブリーディング | 光冠~CORONA~ 乗鞍への道 – 楽天ブログ

実際に公式マニュアルに目を通してみると25ページにそれらしいことが書いてありました。

avid_manual

超意訳すると「レバー遠すぎるとブリーディング失敗するから、75〜80mmぐらいにしとけよ」ってことかな(^^;

ここでやっとレバーを遠くにやりすぎたんだとわかり、レバー調整して少しハンドル側に近づけてやったらやっとブレーキフルードが注入できました!

ほんとこのブログ記事には感謝です!

ほんと初めてやる作業ってのはどこでハマるかわからないもんですね(^^;

[Ads]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す