サボりの傾向と対策

PAK25_dotenisuwattemiagerusora_jpg-8先週末は金、土、日と自転車に乗らず、トレーニングをさぼってしまいました。

ちゃんとトレーニングできてるときは、毎日きっちりトレーニングできるのに、サボりだすととたんに2,3日サボってしまいます。

最近そのサボり方に傾向があるなぁと気がついてきたのでちょっと傾向と対策を考えてみたいと思います。

傾向1 走るコースが決まらないとグズグズして結局走らない。

先週、先々週と雪が降ったためにこれまで走っていた定番コースの浅川サイクリングロードが走れなくなってしまいました。

まだ様子を見に行ってないですが、大垂水峠から道志みちというコースも雪で走りにくくなってる可能性大です。

コースが決まっていると、あとは準備して出かけるだけなので割とスッと出かけられるのですが、コースが決まってないと「さて、どこ走ろうか?」って悩み出して時間ばかりが過ぎていき「あぁもうこんな時間だとそんな走れないなぁ。やめとくかぁ」ってなってしまうようです。

傾向2 休日は前日までに起床時間、コースまで決めとかないとダメ

休日に適当な時間に起床して走りに行こうなんて思ってると大抵走らずじまいになってしまってます。

前日までにどのコースを走るかを決めて、そのためには何時に起床するのかを決めておかないと、グズグズとベッドから抜け出せないようです(^^;

逆にちゃんと予定を決めてさえあれば、いつもと同じように休日も5時とか6時に起床できるようです。

早起きしてロングライドに行くのもいいですが、休日にゆっくり寝ておきたい時は、起床時間を元にして走れる中距離のコースを考えてみるのも良さそうです。

傾向3 休むと休みつづける

毎日走たり、筋トレしたり、何からのトレーニングをしていると、ちゃんと継続してトレーニングできるのですが、1日休んだ次の日が鬼門になってます。

疲労をためないために休むのも大事ではあるんですが、どうも休むと自分の中のサボり魔が覚醒するようで、ずるずると翌日もサボってしまい、気がつくと3日、4日トレーニングしないなんてことがあります。

こういう自分の傾向を考えると1週間の中にオフ日をつくって完全休養するより、「どんなに疲れてても30分は回復走」とした方がよさそうです。

対策まとめ

  1. 定番コースを増やす(雪が大丈夫そうなルート)
  2. 休日のコース、出発予定を前日までに決める
  3. 毎日身体をうごかす。オフ日は回復走にする。

上記をちゃんと実施してトレーニング時間増やしていきたいと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す