Polarのスピードセンサー、バッテリが減ったら画面でわかります

自転車の周辺パーツで電動のモノは、何か調子悪かったら、とりあえずバッテリのへたりを疑ってバッテリ交換することがあると思います。

ライトや、サイコン、サイコンのセンサー等々…

しかしPolarのスピードセンサーはそうはいきません。バッテリ交換できないから!

で、先日から右往左往してたんですが、本日またスピードがひろえなくなって「おかしいなぁ」とかおもってたら、画面に「Speed battery low」の文字がっ!

バッテリへったらちゃんと画面でわかるんですね(^^;

そういえば、CS-600X本体のバッテリが減ったときもbattery lowって表示されてたような(^^;

こういうことはついつい忘れちゃいますね。ってことで忘れないようにメモがてら書いた記事でした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す