ロードバイクの値段の差は何?

ロードバイクの疑問Q「ロードバイクの値段の差って何?」

A「主に軽さが違います」

ロードバイクの値段はピンキリです。10万円を切るようなバイクから、100万円オーバーまであります。

その値段の差はどこででてくるのかというと、主に使われてるパーツの差になります。

基本的に軽いパーツを使えば使うほど費用は高くなります。パーツだけでなくフレームも軽量になるほど高価になっていきますね。

できるだけ強度をさげず重量だけを軽くしようとすると、より高価な材料をつかうことになり、それだけ値段があがるわけですね。

ひとつひとつのパーツが良くなると精度もあがるのか操作感もよくなりますね。

シフト操作やブレーキなんかも使われてるパーツのグレードによって、操作感の良さが全然違います。

我が家にはシマノの105グレード(中間グレード)とDura-aceグレード(最高グレード)のシフトレバーがあるのですが、Dura-aceのカチッと決まる操作感と比較すると105は重くもっさりとした操作感だと感じます。

ホイールも前後セットで10万以上のホイールなら1.5kg程度ですが、安いホイールだと前後セットで2kgぐらいで、この差は走るとはっきりでます。

ただ最初はこういうパーツの違いとかわかりにくいとおもうので、下記の様なステップでグレードアップしていくのがいいかもしれません。

  • 1.とりあえず完成車20万ぐらいのを買う
  • 2.パーツを徐々にグレードアップ
  • 3.フレームをグレードアップして、パーツは移植する
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す