SDA王滝の補給を考える

IMG_3675今週末5月4日に「竹谷賢二presents『王滝 MTB練習会』」に参加予定なので、そろそろセルフディスカバリーアドベンチャーIN王滝(以下SDA王滝)での補給を考えてみようと思います。

ロードバイクでも走行中にパッケージをやぶって補給を取るというのは割と苦手な方なので、MTBで荒れた道を走ってるときにパッケージをやぶいたりする余裕はきっと無いでしょうねぇ。

そう考えると走行中は、背中のハイドレーションにジェルやCCDドリンクなど入れて水分と一緒にエネルギー摂取する方法と、ジェルフラスコにジェルをあらかじめ入れておいてそれを飲むというのがメインになりそうです。

# 悪路でジェルフラスコに手を伸ばしてる余裕があるのかは怪しいんですが(^^;

ただ、ジェルばっかりだと口の中甘くなってくるし、かなり飽きるんですよねぇ。

なのでエイドステーションで停止したついでに水の補充、固形物の摂取をして、ジェル+固形食となるようにしたいと思ってます。

ついでにフラスコにジェルをうつすのも停止したときにやっちゃいたいですね。

どれだけの補給が必要か?

ここが難しいところですよねぇ。

初参加なので自分がどのぐらいのタイムで走れるかわからないので、とりあえず制限時間の10時間いっぱい走るつもりで用意しようかと思ってます。

仮に1時間400kcalとしたら4,000kcal分用意って感じですかねぇ。全部補給食として持ってくと荷物が補給食でいっぱいになりそうなので、朝食だけで1,500kcalぐらいは食べて、残り2,500kcalぐらいを補給食かなぁ。

過去の補給についての記事も参考に改めてまとめてみたいと思います。

参考になりそげな過去記事

[Ad]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す