ロードバイク初心者の体幹トレーニングに「プローンブリッジ」はおすすめだと思う

N853_tawa-br梅雨らしい天気がつづいてなかなか外を気持ちよく走れないですね。龍司です。

2年半前、初めてロードバイクに乗ったときに感じたのは「なんだ、この不安定な自転車!」って感じでした。

なんだか妙にフラフラするんですよね。

  • 身体が慣れてない
  • ロードバイクを扱うために適した筋肉がついてない
  • ロードバイクをコントロールする身体ができてない
  • 体幹(コア)も全然。

だから不安定でフラフラするちょっと怖い乗り物って感じたのだと思います。
このフラフラ感もロードバイクに乗り続けてれば自然と解消していきますが、乗るのと同時にやってみて良かったなと思うのが体幹をきたえる「プローンブリッジ」です。

体幹って何かって説明しようと思うとなかなか大変なんですが、上半身と下半身の連携、動作時の身体の安定に大事な部分で、ロードバイクにとっても体幹強化はベースになってくるようです(ロードバイクだけに限らずスポーツ全般で体幹をしっかりさせるのがベースっぽいですが)

プローンブリッジのやり方自体は簡単です(やるのは大変だけど(^^;)床に腕立て伏せのようにうつぶせになり、肘をつきます。背中から脚のかかとまでをまっすぐにして、その姿勢をキープするというものです。

プローンブリッジ画像検索

簡単そうですが「プローンブリッジ」ってめっちゃキツイです。初めてやったときは30秒もたなかったかも…

これを休憩いれながら3回とか5回やってみたり、キープする時間をちょっとずつ長くしていくと良いようです。
きつくて私もまだ45秒キープ45秒休憩で5セットしかできません。

最近はたまにしかやらなくなっちゃったんですが、乗り始めた頃は、2〜3日に1回はやってたと思います。
続けていくうちにだんだんとロードバイクに乗ったときの不安定な感じが解消してきて、走りながら片手でボトルを取ってドリンクを飲むのもできるようになっていきました。

体幹は走ってるだけじゃなかなかきたえにくいところでもあるので、梅雨のこの時期に「プローンブリッジ」できたえるのもいいかななんて思ってます。

[Ad]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す