乗鞍の勾配調べてたら頭がクラッとしてきた

先週は全然乗れなかった龍司です。

いよいよ今週末は「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」ですね。一度ぐらいは試走に行ってみたいとおもいつつ、一度も試走しないまま本番で走ることになりそうです(^^;

せめてどんな勾配変化があるのかだけでもチェックしとこうと思ってルートラボで調べてみました。

2kmごとに標高をひろって出した平均勾配の一覧表が下記です。

地点(km) 標高(m) 平均勾配
0 1456
2 1564 5.40%
4 1673 5.45%
6 1780 5.35%
8 1894 5.70%
10 2023 6.45%
12 2170 7.35%
14 2326 7.80%
16 2477 7.55%
18 2632 7.75%
19.2 2715 6.92%

なんとも怖いコースですねぇ。

前半は平均勾配5.5%前後でまぁまぁ登りやすい感じのコースなのに、後半は一気に7.5%を超えて行く手を阻む感じなんですねぇ。うっかり前半でペース上げ過ぎちゃうと後半どうにもならなくなりそうですね(^^;

あと「標高」もあらためて見るとびっくりしますねぇ。2716mが最高点ってことなんですが、地上との気温差ってどのぐらいあるんでしょ。めっちゃ寒そう(^^;

乗鞍岳の天気をちょっとぐぐってみるとどうやら気温10度前後っぽい…真冬ですね…

こりゃウェア選び難しいなぁ…皆さんどんなウェアで登るんでしょうね?

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す