ファイバーグリップでカーボンハンドルを固定

R0011624先日高尾から山中湖まで往復ライドをしたときにハンドルの角度がわずかに下向きにずれてることに気がつきました。

出発前に角度のずれに気がついたので、角度を修正してから出かけたにもかかわらず、ライド途中でまた少し角度がずれてました。

おそらくはブラケットに力が入ったまま段差等で衝撃が加わってずれたのでしょう。

時折段差ジャンプの練習いれながら走ってたので着地時に腕をうまくサスペンションとして使えなかった影響もあると思います。

いずれにしてもこれまでも何度か下向きに1,2mm程度ずれることがあったので、なんとかならないもんかと思ってたときに思いだしたのが「ファイバーグリップ」の存在です。

ファイバーグリップはカーボンシートポストがずり下がるのが気になって購入したケミカルです。

細かい粒子の入ったグリスで粒子がカーボンパーツに食い込んでズレを防止してくれます。

そのためカーボンパーツ表面に微少なキズはつくりますが、効果は抜群でそれまで何度締め直してもライド中にずり下がってたカーボンシートポストがしっかり固定されて落ちることがなくなりました。

体重がかかってもずり下がらないように固定してくれるファイバーグリップならカーボンハンドルの固定にもきっと役立つでしょう。

というわけでカーボンハンドルを一旦ステムから外し、ステム側にファイバーグリップをつけて装着しなおしました。

残念ながらファイバーグリップを塗ってからはまだ実走できてないので効果は未確認ですが、恐らくこれでハンドル角度が変わっちゃう事態は避けられると思います。

[Ads]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Loading Facebook Comments ...

コメントを残す