エグザリットシューをエグザリット2シューに交換

最近ブレーキの効きが悪くなってたのが気になってたのでTarmacの前輪ブレーキシューを交換しました。

今まではエグザリットシューがついてたんですが、シューもモデルチェンジしてエグザリット2になってたので、交換するのもエグザリット2シューになります。

交換のために既に取り付けてあったエグザリットシューを外して、エグザリット2シューと比較してみると若干形状が変わってますね。

R0011308

まず裏面。左がエグザリットシュー、右がエグザリット2シュー。進行方向にたいして後ろ側だけにネジ止め用の溝があったんですが、ミゾが2箇所にふえてます。

ブレーキ面もちょっと形状に違いがでてると思います。

すり減ったエグザリットシュー

すり減ったエグザリットシュー

エグザリット2シューでは斜めの深いスリットになってますが、エグザリットシューのスリットはほぼ縦方向で上下中央付近が浅め。すり減った結果中央付近は一直線につながっちゃってます。

通常ブレーキシューはスリットがなくなってきたら交換って言われてますが、スリットの深さが場所によって違うエグザリットシューの場合、中央よりで判断すればいいのか、端の方で判断すればいいのか迷ってたので、これからは迷わなくても済みそうです(^^;

ちなみにどのぐらいすり減ったのか厚みも比べてみました。うん、これだけすり減れば効きもわるくなるか…

左がアフター、右が新品

左がアフター、右が新品

今回前輪のブレーキシューを交換したんですが、改めて見直したら後輪側のシューも結構減ってきてるので、近々もう1セットエグザリット2シューを購入して後輪側も交換しようと思います。

[Ads]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す