輪行用に買ったTime用クリートカバー

iclic2TimeのiClic用カフェクリートはそのままカフェに入っても大丈夫という名前通り、すべりにくいクリートです。

打ち合わせにロードバイクで出かけ、階段を上り下りして、長い廊下をクリートのままで歩いたことが何度もありますが、足下がすべって怖いって思うことは一度もありませんでした。

しかしiClic2になってからちょっと不安になってきました。
以前のiClicクリートよりもすり減りにくくなったのですが、代わりに若干すべりやすくなりました。
コンビニ程度ならちょっと気をつけるだけで大丈夫なのですが、輪行時には結構気をつかいます。

輪行のために自転車をもってる状態だと身体でバランスをとるにしても体勢の制約をうけます。
なにより脚を滑らして高価な自転車を床にたたきつけることにならないかも心配です。

そんなときにiClic2クリートのグリップ力低下が気になります。

そのため前泊でイベントに参加するために輪行するときとか、歩く機会が増えそうなときはサンダルを持って行ってます。
でもちょっと日帰りで走りに行くための輪行でサンダルまで持って行くのは荷物になってイヤだったのでグリップ問題を解決してくれそうな「クリートカバー」を購入しました。

購入したのはクリートスキンのTIME用クリートカバー

このクリートカバー、かなり硬くってはめにくい。
ある程度クリートにかぶせたら、床で踏みつけてはめました(^^;

このぐらいまではまってくれたら、あとは床で踏みつける

このぐらいまではまってくれたら、あとは床で踏みつける

使ってみるとゴム底の安定感はやっぱり抜群にいい!
足下の不安感がまるっきりなくなりますね。
自転車抱えて階段を上り下りするのも気になりません。

大きさも小さいのでバックポケットにつっこんだまま走ることもできます。

唯一の欠点はうっかりしてると付けてるのを忘れて、クリートカバーつけたまま自転車にまたがって「あれ?クリートがはまらん!」ってやってしまうことぐらいでしょうか(経験者談)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

輪行用に買ったTime用クリートカバー” への1件のコメント

  1. ピンバック: Time クリート

コメントを残す