3台分のホイール、スプロケット、タイヤの入れ替えをしました。

乗鞍ヒルクライムのときに、愛用してるMavicコスミックカーボンSLRに12-28Tスプロケット、IRCヒルクライム用タイヤというヒルクライム仕様にしたままだったのを富士チャレンジ200が近づいてきてることもあって通常仕様へと戻しました。

そのついでにうちにあるロードバイク、ホイール、スプロケット、タイヤの関係をみなおしてそれぞれ入れ替え作業とかしました。

R0010915

3台分のホイールでタイヤ外したりつけたりだったので1日で作業しきれずに二日にわけての作業となりました。(ついでにスプロケットの掃除とかもしてたし)

最終的にはつぎのような組み合わせに。

ロードレース用のVenge Expert

Vengeはロードレース用って思ってるので、ホイールはMavicコスミックカーボンSLR。

スプロケットは通常Dura-Ace11-25T をつけてます。正直きつい登りではギヤ足りなくなるんですが、ちっさいスプロケットの方が見栄えがいいというだけでつけてます(^^;

R0010913

タイヤはSPECIALIZEDのS-WORKS TURBO 24Cを装着。軽い、グリップいい、耐パンク性能もいいというめっちゃいいタイヤです。24Cはじゃっかんゼロ発進で重さを感じることありますが、グイッと加速してくれるのが気持ちいいです。

ロングライド用Roubaix Pro

ホイールを元々ついてたROVAL FUSE E5からVenge ExpertについてたROVAL al35へ。ローハイトリムから35mmリムへの変更ですね。アルミリムで35なんでその分重くなってます。

ロングライドだと多少重くても巡航時に楽なほうがいいかなと思ってのチョイスです。

スプロケットはDura-Ace12-28T。ギヤは無理しないで済むようにって考えですね。78系リアディレイラーだと最大27Tまでしか対応してないんですが、なんとか28Tはギリつかえます。

リアスプロケットはこれ以上大きくできないので、逆にフロントチェーンリングを小さくしてもうちょっと軽いギアで走れるようにしたいなとも思ってます。

タイヤはパナレーサーのブルベエディションです。26Cと幅広です。26Cもあるとゼロ発進はやっぱり重く感じますが、巡航にうつるとほんと気持ちよく走れるタイヤです。

女房のRuby

ホイールはRoubaix ProについてきてたROVAL FUSE E5にしました。できるだけ軽くて扱いやすいホイールってチョイスですね。

スプロケットは105の11−28T。

実はSRAMのセカンドグレードあたりの11−28TスプロケットもRoubaix Proについてて持ってるんですが、これとシマノとの組み合わせだと変速性能がイマイチなので、多少重くなっても変速でストレス感じないようにシマノの105をとりつけました。

タイヤは、前輪にVenge購入時についてたSPECIALIZED TURBO PROタイヤ。後輪は余ってたSPECIALIZED S-WORKS TURBOタイヤにしてみました。余ってるタイヤの中からできるだけ軽くて扱いやすいタイヤってことでこの組み合わせにしました。

 

さて、ひとまずはこの組み合わせで落ち着いたんですが、TARMACが修理からもどってきたらどうしようかな…コスカボSLRをVengeとTARMACで共有することになるかな…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す