2013国営ひたち海浜公園杯兼JCRC第1戦で落車ダメージを受けたTARMAC

JCRC第1戦でダメージを受けたS-WORKS TARMACをショップから引き取ってきて、改めてダメージうけた箇所のチェックしてみました。

まずはクランク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おそらく中央分離帯の縁石でけずられたんでしょうね。ここは丈夫だとおもうので問題ないでしょう。

つづいて、ホイール。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

MAVICコスミックカーボンSLRのリム塗装が何ヶ所がすこしはげてました。これも縁石だろうなぁ。

エグザリットリムは強いって話ですがそれは実感しますね。ホイールは振れることなく、塗装ダメージぐらいですんでます。

前輪はパンク&タイヤ自体にも穴があいてたので前輪タイヤ交換です。

 

問題はフレーム。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはヘッドチューブ近く。ここは表面塗装がはげただけだと思います。

やばいのがトップチューブです…
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クラック入ってます(T^T)

あとよりジワがでてるのも気になります。お店できいてみたところ「こうなってるとどこまでダメージいってるかわからないので、乗ることはおすすめできません」ってはっきりと言われちゃいました…orz

 

まだ1年乗ってないんですけどねぇ…

修理についてさんざん悩んでいろいろ調べてみたんですが、修理はあきらめてしばらくはローラー台用に使おうかなと思ってます。

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013国営ひたち海浜公園杯兼JCRC第1戦で落車ダメージを受けたTARMAC” への1件のコメント

  1. ピンバック: S-WORKS TARMACをカーボンドライジャパンさんに修理に出します | 40代からのロードバイク

コメントを残す