軽量チューブ「パナレーサー R-Air」VS「マキシス フライウェイト」

今まで良く購入したチューブは「パナレーサーR-Air」と「マキシスフライウェイト」

マキシスフライウェイト

マキシスフライウェイト実測54g

マキシスフライウェイト実測54g

まず最初にチューブ交換して使い始めてみたのが、とにかく軽い「マキシスフライウェイト」

重量なんと58gと最軽量!!

実測したらカタログ値より

軽い54gでしたっ!

タイヤ周りの軽量化が一番効くなら、チューブを一番軽いのにしてみみよう!って感じで使ってました。

が、やっぱり耐久性は低い…とにかくよくパンクしましたね。

さすがに何度もパンクしているとイヤになってきて次に手をだしたのが、パナレーサーR-Airでした。

パナレーサーR-Air

現在も、パンクしない軽量チューブとして愛用してます。

ちょっとだけ重くなって重量66g

ネット上のクチコミをみても、軽い割に丈夫でパンクしないってことで評判が高かったので試したのが購入のきっかけ。

ほんとみごとにパンクしないです。最近ちょっと立て続けにパンクしましたが、それは軽量タイヤの問題だったんだろうと思います。タイヤ交換後はまたパンクせずに安定してます。(それ以前もほとんどパンク無し)

というわけで今は、普段使いならR-Air。

ヒルクライムレースとか少しでも軽量化したい!ってときにはマキシス フライウェイトって感じで使い分けることにしています。

オススメ商品

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す