汗で鉄分が失われる。スポーツ貧血に注意しよう

ぎらつく太陽今週の水曜はどうにも身体がだるくて、朝もおきられず、身体を動かすのがおっくうでしょうが無い状態でした。

「風邪でもひいて熱でもあるのかなぁ」と思って体温をはかったら平熱よりも低い状態…

ソファから立ち上がったりしたとき等に、何度も立ちくらみに襲われます。

立ちくらみについては、ロードバイクでしっかり走り込むようになってから発生する回数が増えたような気がして、ちょっと気にしてました。

貧血なのかな?

「もしかして貧血気味なのかな?」

と気になって検索してみたら、どうやら「スポーツ貧血」と呼ばれる貧血ぽいです。

鉄分は、汗や尿を通じて体外に排池される。特に運動選手の場合発汗量が増加して多く鉄が失われる。

スポーツ栄養学(貧血対策)

これを知らなかった!発汗でも鉄分って失われるんですね…

先月あたりからロードバイクに乗る時間を増やしてたので、汗はかなりかいてます。もちろん水分補給はしっかりやってたんですが、発汗で鉄分が不足するとは思わなかったので、鉄分補給は考えもしませんでした。

血液検査の結果ヘモグロビン値は13

頭痛や肩こり、立ちくらみ等貧血の可能性を示唆する症状がやたら多いので、病院で血液検査をしてもらいました。

結果、ヘモグロビン値が13と基準値をわずかに下回る数字。単独で見てもよくわからないのですが、去年の4月の健康診断では、14.6だったので、この1年でかなりさがったんだなぁと思います。

回復まで1〜2ヶ月ぐらい?

スポーツ栄養学(貧血対策)のページをみると、貧血からの回復具体例が掲載されてるのですが、調子をもどすまでに1〜2ヶ月ぐらいかかってるようです。

回復策

しばらく鉄分サプリを多めにとるのと、トレーニング強度を下げて回復を優先させたいと思います。

鉄サプリ

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す