東京・直江津300km走ってきた

碓氷峠 めがね橋ロードバイクに乗り始めたのが2010年12月。

約21ヶ月で自分がどのぐらい走れるようになったのかを試したくて、東京から新潟県上越市の直江津まで走ってきました。

富士チャレンジ200が近づいてきたので、長距離を走ることに身体をならしておきたいというのもあります。

このコースをえらんだ理由

4つほど理由があります。

理由1.なじみがある

親父の実家が直江津で、私自身も上越市に住んでた時期があり、なじみがあるというのが糸魚川ファストランコースでなく、東京・直江津に興味がわいた一番の理由です。

理由2.ナビなしでも迷わない

他には、17号線、18号線とつないで走るコースも以前自動車で何度か走ったことがあり、ナビも何も無しで迷わず走れるコースだとわかっていたのも理由のひとつです。

ほんとひたすら17号線を走って、18号線がみえたら、18号に乗り換えてひたすらまっすぐに走りさえすればゴールできるという方向音痴でも走れるコースです。

理由3.前半がんばれば後は後半は下り基調


ルートラボで勾配をみると、前半登り基調ですが、だけがんばれば、後半はほぼ下りでなんとかなるんじゃない?って思えたのが「やろう!」って決意させてくれました。

理由4.ロングライダース2.0で紹介されていた

ロングライダース2.0ロングライダース2.0に東京→直江津のレポートが掲載されていてイメージしやすかったのもこのコースを選んだ理由です。

チェックポイントまでの距離、時間の表も掲載されていたので、これがひとつの目安にもなりました。

理由5.風向きがいい!

実は、直江津行き以外に、愛知県に向かって走るというコースも検討していたんですが、この季節は南風メインとなるので、北上する直江津行きコースの方がいいだろうなと判断しました。

8月31日に決行したのですが、風予測を確認して、風向きが、南、南東であることを確認して決行日を選びました。

 

 

さて東京から直江津まで無事に完走したのはいいんですが…

 

…正直言ってもう走りたく無いコースですね(^^ゞ

17号線怖い

17号戦は車通りが多いうえに、結構ギリギリなところを通って行くので、はじめて車道怖いって思いました。

あと、あちこちに事故の目撃情報を求める立て看板があるのも「おいおいそんなに事故おきてるのかよー」って怖くなります。

見所少ない

もちろんコース外れてちょっと寄り道すれば、観光スポットはいくらでもあるんですが、走ってるコースから見える景色はあまり見応えなかったですね。

印象に残ってるのは少し見えた碓氷湖と、めがね橋ですかねぇ。チラッとしか見えなかったのですが、碓氷湖はゆっくり見てみたいと思える美しさでしたね。

[PR]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントを残す