富士チャレンジ200は11-25Tスプロケットにします

Dura-aceスプロケットフジ55では、フロントはコンパクトクランク、リアは12-23Tスプロケットで富士スピードウェイを走りました。

事前にちょっと心配したのは次の2点

  • トップ側は11Tもあった方がいいか?
  • ロー側は23Tで十分か?

結果的にはまぁまぁなんとかなりましたが、もしかりに11Tがあったら、あるいは25Tまでギヤがあったとしたらって考えると、やっぱり欲しかったなと思います。

1コーナー先の下りのために11T

フジ55では、トップ12Tで1コーナー先の下りでは最高時速60km/h程度まで出てました。

もうちょいがんばればまだ速度UPできそうな余地もあったと思いますので、11Tもあればなと感じています。

計算上、50Tx12Tでケイデンス110だと時速57km/h、50Tx11Tでケイデンス110(回せればですが)なら時速62.7km/hまで出せることになります。

ダンロップコーナーからの登りのために25T

はっきりいって登りは苦手です。富士スピードウェイのダンロップコーナーからの登りは意外ときつかった。

フロントをインナーにすれば、リアは23Tまであれば十分かなとも思うのですが、フロントをアウターのままで使えるリアのロー側ギヤを増やそうと思うと、25Tまであった方がギヤチェンジはスムーズになりそうな気がしてます。

# ダンロップコーナーから最終コーナーまでの区間でアウターでいくかインナーに落とすか迷うことが多かった…結局最後リタイアするまで、どっちでいくか決めきれなかったです

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントは受け付けていません。