事故防止のためにアイウェアをつけて走ろう

ZERO RH+のアイウェア

ヘルメットにサイクルジャージを身につけてロードバイクに乗っている人のほとんど全員が、アイウェア(サングラス)も身につけて走っています。

カッコイイという理由もありますが、それだけではありません。

事故防止ためにアイウェアを着用しています。

自転車用のアイウェアにはもちろん通常のサングラスと同じように紫外線から目を保護する機能があります。

それよりも大事なのは、飛来物から大事な目をガードする機能です。

飛んでくるモノ

ロードバイクで走ってると、虫やはねあげられた砂利など意外といろんなモノが顔面めがけて飛んできます。

顔にあたるだけなら「痛っ!」って思うだけですむのですが、目元にくると一時的に視界を奪われます…

これ、けっこう怖いですよ…

目元に虫が飛び込んできた

まだアイウェアを買う前の体験ですが、夜、会社からの帰宅中に目元に虫が飛び込んできたことがありました。

「痛っ!」

と思うと同時に片目を明けてられなくなりました。

時速28kmぐらいで走行中にいきなり片目で見なきゃならなくなったわけです。

みなさん視力検査などで経験あると思いますが、両目ならちゃんと見えても、片目だとよく見えないってことありますよね。

片目だと遠近感もつかみにくい…

比較的すいている道路だったので恐怖感は少なかった(まっすぐ走ってさえいれば事故の可能性は非常に低い)ので良かったですが、これが路上駐車も多く車通りも多い道路だったら、安全に停止するまでスゴイ怖かっただろうなと思います。

簡単には割れないレンズ

走行中に石が飛んできても目を守る。飛来物から目を守るという目的があるので、自転車用のアイウェアのレンズはちょっとやそっとじゃ割れないような工夫があります。

私の持っているZERO RH+のレンズなんかだと指でつまむとグニャっと曲がるほどやわらかなレンズになってます。

曲がることで衝撃を逃がしてレンズが割れないようになってるんですね。

オークリーだとレンズがすごい硬いです。強度をあげてしっかりガードしてる感じですね。
オークリーのサイトでGucciやDiorのサングラスとの比較動画が掲載されてたので、見ましたが、よくこれでオークリーは割れないもんだと感心しましたよー。

OAKLEY Impact Protection

まだアイウェアを用意されてない方は、事故につながる前に是非アイウェアを用意してみてくださいね。

オススメ商品

 

オークリーもいいですね。カスタムもできて選択肢ひろすぎるので、何買うかすごい迷っちゃいますけどね

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...