カーボンドライジャパンさんからダンボール届いたので梱包です。

先日書いたとおりS-WORKS TARMACをカーボンドライジャパンさんに修理にだすんですが、そのためにはフレームを送らなきゃいけません。

カーボンドライジャパンさんからダンボールが届いたのでフレームから余計なパーツを外して梱包をしなきゃなぁとおもいつつ、つい今日まで放置しちゃいました。

というのもやっぱ大変そうだなぁって思ったからですね(^^;

で、カーボンドライジャパンさんかにパーツ取り外しの工賃も確認したらパーツ取り外しだけなら8400円でOKってことだったので、もうホイール以外はそのままで送っちゃうつもりで作業を開始しました。

ダンボールを組立ててから、シートポストぐらいは抜いておけるなぁって思ってシートポスト抜き、ハンドルがそのままだとダンボールにはいらないので、ステムごと外します。

と、ここまで作業したら「ステム抜いたんだったらフロントフォーク外せるよな。フロントブレーキはボルト一本ではずせるだろうし…」って思い立ち、フロントフォークをフレームから引っこ抜きます。

そこまでやったら「ワイヤー切るだけ切っちゃえばハンドル外せるから、外した方が梱包楽そうだよなぁ」って考えて、リアブレーキ、フロントディレイラー、リアディレイラーのワイヤーを切ってハンドルを完全にフレームから切り離せました。

徐々に外したパーツが増えてくるとですね「もうあと、クランクとリアディレイラーとリアブレーキだけじゃん」って感じになって、これらも外してしまいました(^^;

結局フレームに残ったのはボトムブラケット(BB)だけ。S-WORKS TARMACのBBはOSBBとかBB30とか呼ばれてるBBでフレームに圧入するタイプです。ちゃんとした工具使わずこれを無理にこじったりするとフレーム破損の原因になりかねんので、BBだけは残しました。

バラした直後(^^;

バラした直後(^^;

というわけでパーツ外しまでカーボンドライジャパンさんに頼むつもりだったのにほぼパーツ外せたんで、あとは梱包方法を悩むことなく梱包できました。

それにしてもフレーム単体にするとめっちゃ軽いもんですねぇ。体重計で測定したらBBついた状態でちょうど1kgでした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

カーボンドライジャパンさんからダンボール届いたので梱包です。” への2件のコメント

  1. いつも楽しく、拝見させていただいています。先日2015ターマックスポーツを買った初心者ですが、色々参考にさせていただいてます。

コメントを残す